座る時間が増えている人、ここが衰えてきていない?


最近、つまづきやすくなったな、腰が痛いな、下半身がむくむな、お尻がたるんできたな、座っている時間が長いな、そんな方はここの筋肉が衰えている可能性があります。


今日はそんな私が大好きな筋肉(笑)「腸腰筋(ちょうようきん)」のお話。


腸腰筋とはどこの筋肉の事なのか?


それはちょうど足の付け根の奥の方。骨盤の内側を通っている筋肉です。


骨や内臓に近い深層筋で背骨から骨盤を通って、太ももの骨にまでくっついていて骨盤を安定させる筋肉です。(横隔膜とも近いので呼吸にも影響します)




こんなに大きな筋肉が背骨や骨盤を守ってくれています。


主に足の付け根を曲げるときに使う筋肉ですがインナーマッスルなので自分で使っている意識もなければ衰えている意識もありません。


ただ、ずーーと足の付け根を縮める姿勢でいるといつもこの筋肉が縮んで使っていないので硬く衰えてきます。

すると、背骨をうまく守れないので腰が痛くなったり、骨盤が傾いてやはり腰が痛い、お腹にお肉が付きやすい、お尻が垂れる、リンパ節の通り道なのでむくみやすい、他にも色んな症状が出てきます。


おうち時間が増えた今、ここが衰えている人続出なんではないでしょうか?


そんな時は足の付け根を伸ばしてあげてください。


このポーズ。アンジャネアーサナ。

↓手は膝の上や床でいいですよ。後ろの足の付け根が伸びてますね。


デスクワークのちょっこっと休憩に是非気軽にやってみてください。



閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示