私が今、元気である事が希望になると嬉しい

最近、スタジオの体験レッスンで鬱・パニック障害・自律神経失調症の人が以前より多くなった気がしている。

以前から多いけれどコロナあたりから増えている印象。


今はオミクロンでまた感染者が増えているけれど、少し前の落ち着いていた頃に体験の方が増えて、その頃に多かった。




と言っても、最初はみんな「運動不足を解消したい」といって体験レッスンを受けて、受け終わった後に「実は今仕事休んでで・・・」と具体的にお話してくださる方が多い。


私は自慢ではないが、かつて体も心も壊してきた人間なので(笑)そういったお話は過剰に同情する事も気を使う事もなく「私もそうでしたよ!😊」と伝えることが多いんですが、そう言うとみなさん「わかってくれる人がいた!」という感じで安心した顔で色々お話を聞かせてくれる。


私は鬱にパニック障害、ホルモンバランスがぐちゃぐちゃになり社会復帰まで半年から1年かかった時期がありました。(いつかブログに書きます)

身近な人もパニック症状を抱えながらも元気に生活をしている人もいるのでどちらかというと「体壊した人みんな仲間😁😀😎」感があります(笑)


体を壊した時は、自分はみんなが出来ることが出来なくてだめな人間だと思いがちで自信もなくなってしまう。

そんな時に私が母親に言われた言葉を今でも覚えています。


「パニック障害の人はレジに並ぶのも戦っている。他の人が何も感じない時でも戦っているんだからあなたは弱いんじゃなくて強いんだよ。」





そんな私は今、朝もりもりご飯を食べて、元気にレッスンを行い、夜ぐっすり眠れている。


私が元気でいることがみんなの希望になれたらうれしい、そう思うのでした。



ののこ





閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示