あなたの背中はどうですか?姿勢と第2チャクラ

「仕事を一緒にやりたい人、信用できる人かどうかは背中を見る」


先日、プライベートでレッスンをさせていただいている会社の社長さんとお話をしている時の一言です。


私はビジネスの視点で人の背中を見たことはなかったんですが、なるほど!!

確かに背中がたくさんの事を物語りますよね。



仕事をする上で背中が丸くなっている人に対して抱くイメージは


頼りない

自信がなさそう

体(自分)の事をおろそかにしていそう

自己管理が出来てなさそう 等々


そんなイメージを勝手に与えてしまいます。


そしてなにより背筋がシャン!としている人は、肚(ハラ)が座っている。覚悟が決まっている。

丹田(おへその下)がしっかりしている人は発声もしっかりしているのでポジティブな印象を与えやすいです。

エネルギーが強い印象ですね。


丹田の辺りはヨガで言うと第2チャクラ(スワディシュターナチャクラ)と言われている所です。

スワ=自己 ディシュターナ=存在 と言われている所です。


信念、意欲、とも繋がると言われている所です。



これって、ビジネスじゃなくても人間関係も同じではないでしょうか?


背筋がすっと伸びて、うしろ姿が美しいだけでその人の生活を想像します。


自己管理が出来てそう

清潔感がある

はつらつとしている

品がある 

しっかりしてそう 等々


良いイメージを与えます。


そんな私もヨガを長年やっているので、自慢じゃないですが姿勢は良いです。

そうすると、良いイメージをたまに抱いてくれる方がいらっしゃるので、うしろ姿の恩恵は感じています。



さて、あなたの背中は何を物語っていますか?


たまには丹田と背中を意識して過ごしてみてください。










閲覧数:89回0件のコメント

最新記事

すべて表示